よく寝るからねこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




それは愛なのか、それとも恋なのか

「コレリ大尉のマンドリン」という映画をご存知でしょうか。



この映画に出てくるセリフで、今でも私の愛の基準となっているものがあります。
ペラギア(ペメロペ・クルス)が、敵であるイタリアのコレリ大尉(ニコラス・ケイジ)への想いに悩んでいるときに、彼女の父親が言ったセリフです。

------------------------------------------------------------------
恋に落ちるのは一時的な狂乱状態だ。
地震のように突如襲って、やがておさまる。
そしておさまった時に決心せねばならん。

離れることなどとても考えられないほど深い部分が絡み合っているのかどうか、
見極めなければならんのだ。
それが愛というものだからだ。

愛とは息をつけぬほど焦がれることではない、高揚する気持ちでもない、
一日中一緒にいたいと願うことでもない、
体中に口づけされることを想像して眠れぬ夜でもない。

いや、赤くなることはない、わしは真実を話しているのだ。
それはただ「恋に落ちて」いるだけだ、それなら誰しも自覚できる。

愛そのものは、恋が燃え尽きたときに残る何かだ。
あまり心弾むものとは思えないだろう、違うか?
しかし心弾むものなのだよ。

どう思う、コレリ大尉に対して自分がそう感じるようになると想像できるか?
------------------------------------------------------------------

セリフは、恋か愛か迷ったら…映画「コレリ大尉のマンドリン」 - 菊千代の部屋 より引用させていただきました。
上記サイトには、英語の原文も掲載されています。

これを観た当時、私は、初めて好きになった恋人に振られたばかりで、毎日泣いていました。
でもこの映画を観て、理解しました。
こんなに好きでも、私たちは深いところではつながっていなかったんだと。
少なくとも、彼にとっては、そうでなかったんだと。

それ以来、「離れることが想像できないほど、深い部分でつながっていると感じられるか」が私の愛の基準です。

ドキドキしたり、胸が熱くなったり、そういうのは恋であって愛ではない。
そして恋は、切なく美しいけれど、生理的欲求による一時的なものです。
抗いがたいものでもありますが。

私は、決断が必要な度に、心の中で確認します。
この気持ちは恋なのか?それとも愛なのか?

夫とは離れることが想像できず、結婚しました。
その確信は、結婚から三年が経った今も、揺るぎません。

あなたがしているのは、恋ですか?それとも愛ですか?




コメント

コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
trackback URL


プロフィール

Author:まり

猫はよく寝るからネコというらしい。私もネコのように一日中寝ていたいので命名しました。
でもこのブログにネコは登場しません。あしからず。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
Flashカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
RSSフィード
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング
最近のトラックバック
Copyright © 2017 よく寝るからねこ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder